読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜とイベンターは辞められない

平日は社畜、休日はイベンター。両方辞められないあなた。安心してください。私もです。

田所あずさ現場からみる声優現場の変化

先月書いてた記事なんですが、途中放置状態になってたのであげておきます。(2016/11/19現在)

 

先週、田所あずさ(以下ころあず)のソロライブがありましたので行ってきました。

いや、楽しかった本当に楽しかった。

やっぱロックはいいなと。

 

ロックにこだわる

ころあずと言えば自ら「ロックをやる。」と自分の曲を"タドコロック"としてバンドでロック調の曲を重きに置いて活動しています。

 実際、今回引き下げているアルバム"It's my CUE"での作曲者に田淵智也黒須克彦堀江晶太Q-MHzとロックに強そうな作曲陣を選んだりと本当に力を入れてるように感じました。

 

 今回のセトリ(2日目)

1.純真Always
2.キセキ
3.Fighter's high
4.あおぞら
5.Straight Forward
6.アンソリティア
7.Cherish
8.世界が終わった後の夜
9.孤独な惑星
10.ALERT from THE END
11.英雄なんていない
12.spit out
13.1HOPE SNIPER
--アンコール--
1. Come on,A-Z!!(Before the CUE)
2.It's my CUE.
3.Boom!Boom!

 

声優現場のイメージ払拭

現場の雰囲気として一般的な声優のソロライブって言うのはロック現場とは程遠いものです。

よくある声優現場といえば、音楽を楽しむと言うよりは声優の歌声を聴く、声優を見る、声優のMCを聞きに行く。というのがなんとなく私の印象。

こちらについてはそれぞれの楽しみ方というのがあるので否定は一切しません。

ただ、下記項目においては結構気になってしまいます。

☆オールスタンディング(オルスタ)の現場に慣れてない方々が多い。

 オルスタ現場の楽しみ方についてはベアクロー氏のブログでも見ていただけると良いかと。。。

 

local-eventer.hatenablog.jp

 

私も最初は声優現場だからね。。。という感覚で後ろで見れたら十分かなーと

 

終わってみたらこれでした。 f:id:morizo41:20161014012230j:image

 

ないだろうと思いつつ、結構いるディッキ集団、バンドアーTのキッズ

 

全国ツアーの決定

2017年4月9日(日) 茨城 水戸ライトハウス
2017年4月15日(土) 広島 広島セカンド・クラッチ
2017年4月16日(日) 福岡 DRUM LOGOS
2017年4月22日(土) 大阪 UMEDA AKASO
2017年4月23日(日) 愛知 ボトムライン
2017年4月28日(金) 北海道 KRAPS HALL
2017年4月30日(日) 宮城 仙台Darwin
2017年5月4日(木・祝) 東京 EXシアター六本木

できれば大阪は行きたいなと(ブルエン大阪と被って頭抱えてます。)

 今後の活動に期待したいです。